親知らずを抜くって痛いの?経験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親知らず 抜くとき

親知らずを抜く人は、生えてきて痛い、磨きにくくて虫歯になったからという理由だと思います。

私は矯正していたので、抜く流れになったのですが、結局、右下は虫歯になっていました。

スポンサーリンク

親知らずの抜歯は大変?痛い?

私もすごく不安でしたが、麻酔の注射をするときだけチクッと痛いですが、抜くときは痛くないです。

基本的に、上の歯は簡単に抜けます。また、まっすぐ上に出ている歯は抜きやすいです。

しかし、横に寝ている歯は、口腔外科という専門医がいる歯科で簡単な手術になります。

私の場合、右下の親知らずだけ、歯が横に寝ていて、ほとんど埋まっていました。

通常の抜歯の流れ

事前にレントゲンを撮って説明を受けます。

当日

麻酔を2,3か所、注射します。

痛みは、この麻酔の注射の時だけです。

麻酔が効くまでしばらく待ち、歯をちょっと削って器具が掴めるようにしているようです。(実際自分がやってもらっている感覚なので、合ってるかわかりませんが)

器具で歯を掴んで左右に揺らして、スポッと抜けます。

患者としては、あれ?もう抜けたの?という感じでした。

下の親知らずのときは、3針ぐらい縫いました。

消毒して、ガーゼを30分噛んでいて下さいと言われます。止血のためです。

1時間後ぐらいから食事はOKです。

私は、その日はお粥にしていました。

翌日、消毒しにいきます。

一週間後に抜糸して完了。

意外とやってしまいそうな注意すべきこと

運動、お風呂で体温が上がりすぎると出血しやすくなるので、お風呂はシャワー程度にする。

あと知らなかったんですけど、腫れた顔を氷、冷却材などで冷やさない!

腫れたところが治りにくくなります。

水道水ていどの温度なら顔に当てても大丈夫。

意外とやってしまいそうでびっくりしました。

処方される薬

処方されるのは2種類(歯科医院によって薬名は変わると思います)

  • 抗生物質(フロモックス)
  • 痛み止め(ロキソニン)

抗生物質は、細菌の感染を抑えます。こちらは3日間飲みます。

痛み止めは、痛かった時に飲みます。ムコスタという胃腸薬ももらいます。ロキソニンは強い薬なので胃腸薬で胃を守るためです。

親知らずが横に寝ている場合

口腔外科という専門の先生がいる歯科医院でやります。

事前にレントゲンをとります。

状態チェックして、説明を受けます。

患者としては手術の流れを聞くのは怖いですが、どうやって歯を取り出すか説明を受けます。

横に寝ている状態なので、少し切開して、歯を2または3分割して取り出します。

神経が舌、唇とつながっているので、痺れる感じがする。など

抜歯当日

体調万全にしていきます。

先生曰く、食事を抜いてくると、血糖値が下がって倒れちゃう人がいるので、ご飯は食べてきてくださいと言われました。

麻酔を3か所ぐらいしっかりやってもらいます。

麻酔が効いて喉の飲み込みがし難くなって少し焦りました。

抜歯は15分、20分くらいで、歯を引っこ抜くっていう感じはあんまりなく、歯を切ったりしたあと、「少し押しますよ~」って言われて、しばらくしたら終わっていました。

そのあと、縫って終わりです。

やってみると案外、サクサク終わって。思っていた不安は杞憂に終わりました。

お薬も上で説明したのと同じです。

抜糸も同じで1週間後です。

痛み止めは、私の場合、右下の横になった親知らずを抜いた当日だけ、一応飲みましたが、それ以外の歯を抜いた後は、飲んでいません。

顔がボワーと熱を持つ感じがするだけで、痛み止めを飲むほどではなかったです。

普通は、下の親知らずを抜くと、腫れや痛みが結構あるそうですが、私はほとんど腫れなく、痛みもないので、結構珍しいねと先生に言われました。

掛かった費用(親知らず 下2本)

保険が効くかどうか歯科医院の判断、その人の歯の抜きやすさなどで違うと思いますが、私の場合

保険が効いて

事前の診察・レントゲンなど 2240円

左下の親知らず 1180円

消毒 140円

右下の親知らず + 左の抜糸 3990円

大体1万円くらいあれば大丈夫そうです。

親知らずを抜くかどうか迷っている方

親知らずが健康なのに抜きたくないなぁ~でもどうしようかな。って悩んでいる人多いと思います。

あと抜くとき大変なんでしょ?って不安にもなりますよね。

歯医者さんで親知らずの状態を一度見てもらった方がいいと思います。

レントゲンで、その周りの歯に虫歯のエリアが出来ていたら抜いて治療した方がいいですし、

大丈夫なら様子見で良いと思います。

以上、抜くか迷っている方の判断材料になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です